事例

case 1

三角屋根に設置された太陽光パネルの反射光に耐えかね、隣家の住民より設置者と設置業者がパネルの撤去と損害賠償請求を受けた事例(裁判例)

高等裁判所まで争われた後、受忍限度を超えるものではないと認定されました(一審では損害賠償請求が一部認められています)

トラブルになった経緯

当事務所は、執拗なクレーム不当要求、悪質クレーマーについて、経営者様から数多くのご相談をお受けしております。経営をなさっていれば、執拗なクレームや不当要求につき具体的にどのように対応するか頭を悩まされることが多くあると思います。
また執拗なクレームや不当要求に対応することは精神的に大きな負担となり、本来の業務に集中できなくなってしまうこともあります。そして、対応を間違うと、クレーマーを不必要に刺激してしまったり、揚げ足をとられてしまったりし、問題が深刻になることもあります。
執拗なクレームや不当要求への対応については、その問題に詳しい弁護士からアドバイスを受けるべきです。是非一度当事務所へご相談下さい。
また、当事務所は企業又は経営者様の代理人として悪質なクレームへ対応することも可能です。

 

 

裁判所の判決と論点

当事務所は、執拗なクレーム不当要求、悪質クレーマーについて、経営者様から数多くのご相談をお受けしております。経営をなさっていれば、執拗なクレームや不当要求につき具体的にどのように対応するか頭を悩まされることが多くあると思います。
また執拗なクレームや不当要求に対応することは精神的に大きな負担となり、本来の業務に集中できなくなってしまうこともあります。そして、対応を間違うと、クレーマーを不必要に刺激してしまったり、揚げ足をとられてしまったりし、問題が深刻になることもあります。
執拗なクレームや不当要求への対応については、その問題に詳しい弁護士からアドバイスを受けるべきです。是非一度当事務所へご相談下さい。
また、当事務所は企業又は経営者様の代理人として悪質なクレームへ対応することも可能です。

 

 

お問い合わせ

お電話にてお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ可能時間は平日9:00~17:00です。

弁護士法人ALAW&GOODLOOP

太陽光発電事業対応チーム

[TEL] 092-791-4902 (専用回線)